dokunendoとtpok

Permalink

若者が酒を飲まない理由が解った。昔は酒を飲んでウサをはらすしかなかった。まさに飲まなきゃやってられないという状態。酒を飲んで酔ってさえいれば、先輩だろうが上司だろうが、少々の暴言はokだったし、「先輩は何も解っていない!」とか「課長はなんでボクばっかりに意地悪するんですか」といったような甘えも許された。むしろ、酒の席ではそうやってガチで激論をする事が良いとされた。そして飲んで笑って泣いて会社の人達との一体感を高めていった。会社でなくとも、親戚、友人などとの関係もそうやって作り上げていくものだった。

こうやって酒を飲む事で、他人の考えている事を知ったり、自分の考えている事を発言したり、理想と現実のスリ合わせやら、会社では教えてくれないような事なんかを学んでいった。もちろん、全員が全員では無いけど、概ね、そうやって大人になって行くものだった。それが20世紀だ。酒という飲み物そのものの魅力もあるが、たんにアルコールという成分が必要だったんだろう。

さて、若者は酒を飲まない。こちら側からすると、そんなんで人生の機微はわからんだろう、何も知らんクソガキめとなるわけだが、実は全くそうではない事に気が付いた。21世紀の若者は酒なんか飲まなくても、自由に感情をありのままに発露できるネットがある。仲良くできるやつを探して、同じもの、同じ体験を共有することもできる。もちろん、泣いたり笑ったりもできる。悩みも聞いてくれるし、同じ悩みを持つやつと知り合いにもなれる。適切なアドバイスがもらえたり、別の角度からの意見ももらえたり。年齢、地位を問わず知り合いになれる。周囲との一体感を持つくらい簡単なのだ。アルコールなんて必要無い。携帯、もしくはPCと回線があればいいのだ。アルコールより健康的で、経済的で、かつ優れている。

だからこそ、会社人間である必要も無くなる。人間は寂しがりやだから、どこかで何かと繋がっていたい。一体感を持ちたい。20世紀の人間は家族や会社で繋がっていれば寂しくも無かったし、スキルも上げられる、人間も大きくなれるという感じだった。家族と会社と酒があれば、良かった。しかし、21世紀の若者にとって、会社とは自分の才能と時間をお金に変えてくれる装置でしかない。寂しさを解消したり、スキルを上げたり、楽しい事は全てネットにあるのだ。酒が必要な場面など無いのだ。

酒はもうすでに昔の人が利用していた便利なツールになってしまった。今はgoogleで検索すると色んな事が調べられる。昔は酒を飲んで、hogehogeっていったいなんなんだよ。と誰かに言う必要があった。目の前の人が知っていれば教えてくれるか、誰それに聞けばいいよと教えてくれた。もうほんとに酒って20世紀の便利ツール。

だから、21世紀の若者は以上に書いた点については、酒なんか飲む必要は無い。酒をツールとして使う必要は無いんだ。胸をはって酒を飲まないでいい。ただ、酒は20世紀の便利ツールだったという事を覚えておいて欲しい。その使い慣れた便利ツールを愛用する人がいる事を知っておいて欲しい。ネットを使いこなす人達は、ネットを使いこなせなかったり、ロクに使えない人を軽蔑したり、バカにしたりするだろう?酒を飲むオジサンにしてみれば、酒という便利ツールを使いこなせない、使おうとしない人を、ついバカにしてしまったりするんだ。同じなんだよ。

そう、みんな同じなんだよ、飲むやつも飲まないやつも。だからさ、下らない言い争いなんて止めてさ、ゆっくり飲もうよ。

もちろん、酒じゃなくていいよ。水でもお茶でも。

飲もうってのは、ゆっくり腹を割って話そうよって事だよ。

飲めば解り合えるよ。飲もうよ。

ん?飲めば解り合えるだなんて幻想?

うん、そうだよ、幻想だよ。

でも、飲めば解り合えるって事になってるんだよー

だから飲んでればいい。

20世紀に浸っていればいいんだよー

飲めば幸せなんてウソ。本当はみんな知ってる。

もちろん、ネットがあれば幸せなんてのもウソ。

幸せは酒にもネットにも無いよ。

どこにあるんだろうね。

今度、一緒に飲みながら探そうよ。

Permalink carudamon119:

サリーナス・グランデス(アルゼンチン)
Salinas Grandes - (Argentina)
Permalink haru012:

メンタルモデル - The Fifth Discipline - 学習する組織の5つのディスプリン | MIKA KUMAHIRA
Permalink
Permalink

809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/16(火) 11:43:25.42 ID:OgYcm5XNO
キリンの祖先「高いところの葉っぱ食べたいな」

キリン「うはwww進化して首伸びたwww」

この↓の間にどうやって首を伸ばしたのか




815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/16(火) 11:55:56.91 ID:KFlbmztL0 

»809
うろ覚えだけど。ちょっと別の見方の話。
キリンは首ながい。頭に血が行かない。困る。
なので首の血管に弁みたいなのがある。だから首が長くても大丈夫!進化の力!

・・・っと思われてたんだけど。
キリンの先祖の動物。(なんつったかなロバみたいなの)
コイツはそもそも馬とかと変わらん体格。普通の心臓で十分脳に血を回せる。
・・・だけど、先祖はなぜか馬くらいの時から血管に弁があった。そんな必要はないのに。
(現に他の似た動物にはない。必要がないから。)
単なる偶然と言えなくもないが、キリンは首が短い時点から「いつでも首が伸びても大丈夫!」
という機能を体に備えていたと。
そう考えると、「必要に応じて変化していく」という進化論に問題が出てきちゃうよね。
キリンは必要だからとかたまたま生まれた突然変異が生き残ったとかじゃなく、小さく背が低い
時点で既に、「将来は今のキリンの体に」という準備をしていた? なぜ?

Permalink
Permalink

 最初にヨーロッパに展開したネアンダルタール人は種としてしっかり寒冷地適応して頑丈な骨格をそなえました。

 また生存戦略としていちはやく子どもを成長させる早熟性を残したのです。

 対して後発で脱アフリカしたホモ・サピエンスは、子どもの成長は遅延しました。

 子どもの成長が遅延したことは、親の負担が長期にわたることを意味し直接的には生存競争には不利に働きます、ですので群れの中で子育てを母親以外のおばあさんなどが手助けする「文化」も生まれるきっかけとなったはずです。

 しかしその結果、世代から世代への知識の継承、つまり子どもが多くのことを学習するのに必要な時間を十分に獲得できました、つまり種としての「文化」が発展・継承されていったのです。。

 ホモ・サピエンスは取った動物の皮を剥ぎ、堅い魚の骨を針として獲物の髄を糸として毛皮の着物を身につけて寒冷地に展開していきます。

 ネアンデルタール人ほど生物としては寒冷地に適応できませんでしたが、人類は「知恵の継承」「文化の発展」によって、寒冷地だけでなく、結果的に地球のほとんどの地に広く展開します。

 一方過度に寒冷地適応してしまったネアンデルタール人は、南方に進出することもできず、また知識の継承力もホモサピエンスに比べて弱く、結果的には人類に追い込まれるようにして各地で滅び、2万8000年前にイベリア半島にいた最後のグループも絶滅してしまいます。

 つまり、きゃしゃな人類が勝ち残ったのは、「知恵の継承」に成功したからであり、なぜ成功したかと言えばもちろん知能が発達したからなのですが、それは単に脳の容量が大きくなっただけでなく(脳容量だけならネアンデルタール人はホモサピエンスより大きかった)、それは結果的にだが「晩熟性」の戦略を採用したからである、と学者達は考えているのであります。

Permalink
Permalink tatsukii:

「知識」と「経験」の違いを見事に表現したイラストが物語る、クリエイティブ思考の本質とは? : ライフハッカー[日本版]
"図からも明らかなように、知識は、既知の点と点の間につながりを構築しない限り、それだけでは役に立たないのです。"
Permalink